スタッフブログ

――――― アマデウスでの色々な出来事をお知らせいたします

スタッフブログ

2014年 9月の投稿

ピアノ音楽のラビリントス第1回終了

2014

9 / 24

piano1-page-001a

9月16日「ピアノ音楽のラビリントス」第1回が終了しました。「ショパンのピアノ音楽」としてショパンの25歳までの作品と同時代の作品を解説、演奏しました。

ショパン 幻想即興曲(1855年フォンタナ版)
ユリアン・フォンタナ エレジー
ショパン 幻想即興曲(ショパン・オリジナル版)
フリードリヒ・カルクブレンナー 華麗なるロンド Op.150
ショパン ロンド 作品1
エミール・プリューダン 練習曲集 Op.60から5番「夢」
アンリ・ラヴィーナ 練習曲集 Op.1から1番
ショパン 練習曲集 Op.10から1番
ジョン・フィールド ノクターン(1820頃)
ルイ・ラコンブ ノクターン Op.8
ショパン ノクターン Op.9-1
ショパン バラード 1番 Op.23

 

次回は10月7日「左手のピアノ音楽」です。

好評につき14:00公演、20:00公演の2回公演となります。

エルンスト・ウォルカー 前奏曲
アルベルト・ネポムセーノ 夜想曲

ジョルジュ・ミゴー 右手のための5つの練習曲集から2番「アンダンテ・歌うように」
フェリクス・ペティリク 2つの舞曲から1番「右手のためのワルツ」

ショパン(ケーザー・ホフステッター編) プレリュード 作品28-4
グルック(ラウル・ソーザ編) オルフェオ

レインゴリト・グリエール  2つの小品 作品99から「即興」
クレメンティ・コルチャマレフ 前奏曲
フェリクス・ブリューメンフェルト 練習曲 作品36
レオポルト・ゴドフスキ ショパンによる練習曲集から5番「別れの曲」23番「牧童」

ヤーノ・タカーチュ トッカータとフーガ 作品56
入場料:2500円(ACF会員2000円)

piano02-page-001

 

齋藤尚希テノール・リサイタル終了

2014

9 / 24

9月20日の齋藤尚希テノール・リサイタル終了いたしました。

 

今回は6つの国から厳選した歌曲を各国の言語で歌うということで、普段はなかなか演奏されないロシアの歌などは、客席の方も特に注意深く聴き入っておられました。

1411192195269a

 

そして、今週末は作曲家・平野達也氏による名曲講座第2回、今回はモーツァルトに焦点を当ててトルコ行進曲の成り立ちなどを深く掘り下げていきます。

残席にはまだ余裕がありますので、9月27日はぜひアマデウスにお越しください!
0927-page-001

 

大野隆&竹内直紀ジョイント・リサイタル終了!

2014

9 / 10

アマデウス初の共催公演、大野隆&竹内直紀ジョイント・リサイタル大盛況のうちに終演いたしました!

 

竹内直紀さんは言わずと知れた関西オペラ界のスーパーテノール、一方の大野隆さんは声楽グループ『フォレスタ』をはじめ、新国立劇場等で活躍する実力派バス歌手ですが、実はお二人は幼稚園からの幼なじみということで、リサイタルでは幼少期の思い出話などもたくさん飛び出しました。

また、クラシックから歌謡曲までの幅広いプログラムを抜群のコンビネーションで客席を大いに沸かせていました。

 

普段は関東を拠点に活動されている大野さんですが、また関西でのリサイタルも計画されているということで発表が待ち遠しいところです。

大野さんのオフィシャルサイトはコチラ↓、ぜひご覧ください。

大野隆オフィシャルサイト http://takashi-oono.com/

ページトップ