スタッフブログ

――――― アマデウスでの色々な出来事をお知らせいたします

スタッフブログ

ピアノ音楽のラビリントス第1回終了

2014

9 / 5

piano1-page-001a

9月16日「ピアノ音楽のラビリントス」第1回が終了しました。「ショパンのピアノ音楽」としてショパンの25歳までの作品と同時代の作品を解説、演奏しました。

ショパン 幻想即興曲(1855年フォンタナ版)
ユリアン・フォンタナ エレジー
ショパン 幻想即興曲(ショパン・オリジナル版)
フリードリヒ・カルクブレンナー 華麗なるロンド Op.150
ショパン ロンド 作品1
エミール・プリューダン 練習曲集 Op.60から5番「夢」
アンリ・ラヴィーナ 練習曲集 Op.1から1番
ショパン 練習曲集 Op.10から1番
ジョン・フィールド ノクターン(1820頃)
ルイ・ラコンブ ノクターン Op.8
ショパン ノクターン Op.9-1
ショパン バラード 1番 Op.23

 

次回は10月7日「左手のピアノ音楽」です。

好評につき14:00公演、20:00公演の2回公演となります。

エルンスト・ウォルカー 前奏曲
アルベルト・ネポムセーノ 夜想曲

ジョルジュ・ミゴー 右手のための5つの練習曲集から2番「アンダンテ・歌うように」
フェリクス・ペティリク 2つの舞曲から1番「右手のためのワルツ」

ショパン(ケーザー・ホフステッター編) プレリュード 作品28-4
グルック(ラウル・ソーザ編) オルフェオ

レインゴリト・グリエール  2つの小品 作品99から「即興」
クレメンティ・コルチャマレフ 前奏曲
フェリクス・ブリューメンフェルト 練習曲 作品36
レオポルト・ゴドフスキ ショパンによる練習曲集から5番「別れの曲」23番「牧童」

ヤーノ・タカーチュ トッカータとフーガ 作品56
入場料:2500円(ACF会員2000円)

piano02-page-001

 

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

< 前のページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL

ページトップ